音楽心理療法GIM

GIMは、正式にはボニー式GIM(Bonny Method of Guided Imagery and Music)と呼ばれる、音楽とイメージを用いる心理療法です。リラックスした状態で、約30分の音楽プログラムを聴きながら自然と現れるイメージを頼りに、心の中に必要な答えを見つけていきます。1970年前半に、メリーランド精神医学研究所における意識の研究の中から生まれた、心理学に基づく療法です。音楽とイメージによるリラクセーションや催眠などとは異なります。

現在、日本には、資格を持った認定GIMセラピスト(FAMI)は三人しかいません。きちんと資格のあるセラピストからセッションを受けることをお勧めします。

イメージについて

音楽を聴きながら現れるイメージは、視覚的なものに限りません。例えば、足が重くなる、手がパチパチするなどの身体的感覚として現れたり、どこからともなく感情が湧いてきたり、意図しなかったような閃きや気づきが起こったりします。あなたに必要なものが、イメージを通して現れますので、どんなイメージが現れるかを前もって知ることはできません。セラピストは、どんなイメージにも対応できるようにトレーニングを積んでいます。

セッションの流れ

カウンセリング: まずは、セラピストと話をしながら音楽を使ってどんな事を追求していきたいか、目標を決めます。目標は、心の中に探ってみたいことや、自分自身への疑問になります。

リラクセーション: 目標が決まると、ヨガマットの上に横になっていただき、体を緩めて意識を集中させるために簡単なリラクセーションを行います。

音楽プログラム: 通常のセッションでは30分程度の音楽プログラムを聴きます。プログラムにはそれぞれ目的があり、あなたの目標に一番合うものをセラピストが選んで使います。音楽を聴きながら浮かんでくる事をそのままセラピストに話してください。会話をしながらイメージを探ったり、深めたり、解放したりします。

まとめ: 音楽プログラムを聴き終わった後、セラピストとイメージを振り返ってまとめながら、あなたにとってイメージが何を意味するのかを、人生や生活を含めて一緒に考えていきます。

*初回のセッションについて

初めての方には、セッションの流れは同じですが、カウンセリングの時間を長くして、あなたのことについて伺います。音楽プログラムは、10分程度の短いものを使い、まずはGIMがどのようなものかの体験をしていただきます。

このような方におすすめです

  • 人の目が気になる
  • ストレスを受けやすい
  • うつ傾向がある
  • 不安にかられやすい
  • 自分に自信が持てない
  • ストレスが体に出やすい
  • トラウマ、虐待を経験した
  • ロス・グリーフを抱えている
  • ジェンダーアイデンティティー(LGBTQI)に関する悩みがある
  • 心と体のバランスが崩れている
  • 自分が何なのか、自分が何をしたいのか分からない
  • 原因不明の痛み・症状がある
  • 治りにくい、もしくは治らない症状・病を持っている
  • 自分の精神性(スピリチュアリティー)について興味がある

*心理療法になりますので、カウンセリングをさせていただき、自我の弱い方、躁状態にある方、現実とイメージが一緒になってしまう方にはお勧めできない場合もあります。

こんな効果があります

  • 溜まっている(体の不調の原因の)感情の解放・心のデトックス
  • 自己理解が深まり、不安が減る
  • より意識した状態で生きていく(Living Consciousness)
  • 心と体の風通しをよくする、バランスをとる
  • 心と体の自己治癒力を高める
  • レジリエンスを強める
  • 自分の人生に責任を持って生きる
  • 症状や病気も含めての自己受容

あなたの探している答えは、必ずあなたの中にあります

必要なのは、一歩踏み出す勇気かもしれません

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close