セラピスト

吉原 奈美(よしはら なみ)

音楽療法博士

米国認定音楽療法士(MT-BC  NO. 08569)

認定GIMセラピスト(FAMI)

音楽心理療法士

一般社団法人 音楽療法振興協会 登録音楽療法士

 

Nami Yoshihara, PhD, MT-BC

Fellow of the Association for Music and Imagery (FAMI)

Music Psychotherapist

Music Therapist at Japanese Association for Promotion of Medical Music Therapy (JAPMMT)

 

横浜生まれ、横浜育ち。4歳よりピアノを習い、高校と大学ではバンドにも参加。クラシック、ロック、ハードコア、ラテン、ジャズ、ニューエイジなど様々な音楽の影響を受ける。ダンス、空手、ヨガなど体を使った表現の経験もある。

音楽療法は、バージニア州ラドフォード大学にて、ジム・ボーリング教授より学ぶ。アリゾナ州バナーグッドサマリタンメディカルセンターにて、腫瘍科・幹細胞移植病棟を中心に音楽療法インターンを行い、2008年に米国認定音楽療法士となる。同大学、首席卒業。

また、同大学修士過程在籍中に、音楽療法のアドバンスメソッドで、音楽心理療法の一つであるボニー式音楽イメージ療法(ボニー式GIM)のトレーニングを始める。2011年に正式なボニー式GIMの資格を得て認定GIMセラピスト(FAMI )となる。現在、日本在住の二人の認定GIMセラピスト(FAMI)のうちの一人。

日本での音楽療法臨床は、幼稚園、発達障害や自閉症スペクトラムを持つ子ども、高齢者施設を中心に行う。

ボニー式音楽イメージ療法(GIM)では、一般の方の日常の心のケアの他、うつ、不安、トラウマ、虐待、ロス・グリーフ、痛み、治りにくい病気などの悩み抱える方のサポートをしている。最近では、性的マイノリティーに関する悩みのある方や、流産を経験した方とのワークが多い。クライエントには、音楽療法士、臨床心理士、大学教員、医師、看護師、ケアマネージャーなど、様々な職種の方がいる。日本で初めて名古屋音楽大学にて開催されているボニー式GIMトレーニングには、サポートトレーナー兼通訳として参加している。

また、ボニー式GIM、医療音楽療法、音楽療法の他、音楽に関する様々な講演を行っている他、GIMや音楽療法に関する書籍を執筆中。(詳しくは、講演・書籍のページをご覧ください。)

2019年5月にペンシルバニア州フィラデルフィアのテンプル大学、音楽療法博士号を取得。現在もボニー式GIMに関する研究を続けている。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close